JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

鶏肉のみそ焼き丼

更新日 : 2013.02.14

鶏肉のみそ焼き丼

料理研究家 黛 かおる
s-tori
肉の癖は消えふっくらと

●材料(4人分) 1人分約732kcal
温かいご飯………………………800g
青菜(ダイコン、カブ、小松菜、セロリなどの葉)……約100g
塩……………………………小さじ2/3
鶏もも肉…………………2枚(500g)
ネギ……………………………1~2本
みそ床
 みそ……………………………150g
 砂糖…………………………大さじ3
 みりん………………………大さじ3
 酒……………………………大さじ3
 しょうが汁…………………小さじ1
七味唐辛子…………………………少々

●作り方
(1)鶏肉は厚い部分に数カ所、切り込みを入れる。
(2)みそ床の材料を順に混ぜ合わせる。容器に半量を広げる。鶏肉を並べ、残りのみそを肉が隠れるように、載せる。冷蔵庫に半日から1晩置く。
(3)ネギは4~5cm長さに切る。青菜はたっぷりの熱湯で色よくゆでる。水に取り水気を絞り、細かく刻む。
(4)グリルでネギを焼き色が付くまで焼いて取り出す。次に鶏肉の表面のみそを取り、片面、約5分ずつ焼いて、中まで火を通す。1.5cm幅にそぎ切りにする。
(5)食べる直前にご飯に青菜と塩を混ぜる。器に盛り、鶏肉とネギを載せる。好みで、七味唐辛子を振る。

みそ漬けは冷蔵庫がなかった時代の保存の知恵。今流行の塩麹(こうじ)と同じような効果がみそ床にあり、ジューシーにふっくらと仕上がります。みそ床は同じものを漬けるなら2~3回繰り返し使えます。豚肉・魚などでも応用できます。

この記事に関してご質問などありましたらこちらからお問い合わせください。