JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

ラディッシュ

ラディッシュ

radish
アブラナ科ダイコン属の一年生草本。
二十日ダイコンの別名のとおり、20日以内で収穫できるスピード野菜です。
四季を通じて、簡単に育ち、プランター栽培にも適しています。

またビタミンCやカルシウム、ミネラル類の栄養もあり、
サラダなどで生のまま食べるのがおすすめです。

植える時期 (種)4月中旬~5月中旬、8月下旬~9月下旬
収穫 種をまいてから30日前後
6月中旬~7月中旬、10月上旬~11月中旬
生育温度 日当たりが良く、風とおしの良い場所
害虫 アブラムシ、アオムシ、コナガ、ヨトウムシ
作り方 プランターの底に鉢底ネットを敷き、
その上に鉢底石を敷き、培養土をいれます。

土の表面を平らにしたら、指で一の字に幅2㎝、深さ1㎝ぐらいの溝をつくります。。
種が重ならないように2㎝間隔で蒔き、覆土した後に水をたっぷりと与えます。
アドバイス 発芽するまでは土を乾かさないように
たっぷりと水を与えましょう。

発芽してきたら、間引きをします。
混んでいる所の発育の悪いものを随時間引きます。
最終株間が8~9㎝になるように
プランターに十分な空間を作るイメージです。
肥料は、間引いた後に、根本に軽く蒔いて、土と混ぜましょう。
用意するもの ラディッシュの種、深さのあるプランター、
鉢底ネット、鉢底石、培養土、肥料

この記事に関してご質問などありましたらこちらからお問い合わせください。