JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

キャベツ

更新日 : 2016.12.07

キャベツ




アブラナ科野菜の一種。春植えと秋植えができる野菜で、初めて作られる方には秋植えがおススメです。他の野菜と比べるとアオムシ等の害虫がつきやすいですが、ネットを張るなどの害虫対策を行えば、キレイなキャベツを作ることができます。15℃~20℃
またキャベツには、ビタミンC、K、U、カルシウム、食物繊維などの栄養が多く含まれています。

植える時期 秋・冬キャベツ8月下旬~9月中旬(苗) 春キャベツ11月上旬~11月下旬(苗)
収穫 秋・冬キャベツ11月中旬~12月中旬 春キャベツ4月中旬~5月上旬
生育温度 15~20℃
病害虫 害虫:アオムシ・ヨトウムシ・コナガ 病気:軟腐病・黒腐病
畑の条件 排水が良い畑
作り方 ①本葉が5~6枚程度の節と節の間が狭く、茎がしっかりした苗を選びます。
②植え付ける1週間前に、肥料と培養土を混ぜ合わせた土をプランターの7~8分目まで入れ準備しておきます。
③苗を植え付ける際、根が切れないように丁寧にポットから取り出します。深植えにならないよう注意し、苗の土とプランターの土が同じ高さになる様に植え付け、水をたっぷりとあげて下さい。
(植え付け後、根が活着するまでは、こまめに水をあげて下さい。)
(植え付け前に、一度水を植穴に入れてあげると活着の促進になります。)
④追肥を行いましょう。 1回目は本葉が10枚程度になった頃、2回目は1回目の追肥から20日くらい経った頃、3回目はキャベツが結球を始めた頃に行ってください。
⑤球が大きくなったら、収穫して下さい。見た目で収穫時期を判断するのは非常に難しいので球を上から手でおさえ、固く締まっていたら収穫しましょう。
アドバイス 畑でつくられる方は同じ場所で連作をしないように注意しましょう。畝を変えるか、約3年間はアブラナ科以外の野菜を植え付けて下さい。
植え付ける時期に見合った品種を選ぶようにしてください。害虫が発生しやすい野菜なので、防虫ネットを張ると被害を抑えることができます。
春キャベツをつくる時は、とう立ちの危険があるので植え付け時期に十分注意してください。
用意するもの キャベツの苗、深さのあるプランター、培養土、肥料

この記事のQ&A

この記事へのコメントを書く

この記事に対するご感想、ご質問などをお気軽にお書きください。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)(公開されません)

コメント

※投稿後、このホームページの管理人が承認するまでコメントは公開されません。
承認されるまでは、投稿されたご本人と、ホームページの管理人のみが
このコメントを見ることが出来ます。
※不適切な内容の場合、書き込みを削除させていただく場合があります。ご了承下さい。