JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

無病息災を願いどんど焼き

更新日 : 2018.01.09

無病息災を願いどんど焼き

JA粕屋管内では、小正月の神事として、どんど焼き(ほっけんぎょう)が各地で行われました。
どんど焼きは、藁を詰めた青竹の櫓に火を放ち、お正月に飾った門松やしめ縄のほか、お守りやお札などを一緒に燃やして、お正月に迎えた神様を送る伝統的な行事。
須恵町の乙植木地区では1月8日、地元有志らの主催でどんど焼きが行なわれました。竹の櫓に火が入れられると瞬く間に炎が燃え上り、青竹の爆ぜる音に集まった子どもたちもびっくりした様子でした。
どんど焼きに集まった人たちには豚汁やぜんざいなども振る舞われ、天高く登る炎に無病息災を願っていました。

粕屋・30.1.8 年無病息災を念じどんど焼き    
天高く昇るどんど焼の炎に無病息災を願う

この記事のQ&A

この記事へのコメントを書く

この記事に対するご感想、ご質問などをお気軽にお書きください。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)(公開されません)

コメント

※投稿後、このホームページの管理人が承認するまでコメントは公開されません。
承認されるまでは、投稿されたご本人と、ホームページの管理人のみが
このコメントを見ることが出来ます。
※不適切な内容の場合、書き込みを削除させていただく場合があります。ご了承下さい。