JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

農機初荷式開催!

更新日 : 2018.01.11

農機初荷式開催!

 JA粕屋は1月11日、本所で農機部会役員やJA役職員、JA全農ふくれん、メーカー関係者ら42人が出席し、新春恒例の「農機初荷式」を開催しました。
当日は降雪予報があったため、恒例の初荷ののぼりを掲げたトラックでの搬入は行われず、式典のみの開催となり、後日、各プラザの担当職員がトラクター2台、田植機4台、管理機2台、精米機その他2台の合計10台を心待ちにしている組合員宅へ届けました。
農機の搬入に際し、南部プラザの松元純一農機専職が「農家・組合員に喜ばれ愛され信頼されるよう努力し、農家経営に合った適正機種の導入に努めます」と決意表明しました。
 同JAでは、農機具安全講習会や農機の事前・格納点検の実施等、農家・組合員が安全で安心して使用できるように努めています。


あいさつする高橋研一農機部会長

この記事に関してご質問などありましたらこちらからお問い合わせください。