JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

暑さにに負けない稲づくりを目指しましょう!

更新日 : 2018.01.24

暑さにに負けない稲づくりを目指しましょう!

 JA粕屋と北筑前普及指導センターは、昨年12月から検討していた2018年度の稲作ごよみ(横42センチ×縦59センチ)が完成しました。
稲作ごよみは「JA粕屋2018年度ライス戦略」に基づき作成。地産地消の拡大を目標に、消費者に求められる良質で安全・安心な米づくりを目指すとともに、暑さに負けない稲づくりに取り組もうと、水管理や施肥基準、病害虫防除などを月別に分かりやすく掲載しています。
 30年度は、農業のことわざ「農家の足跡は、肥料に勝る」を引用。どんな肥料も農家が田に入り作物の面倒を見ることとは比べものにならないほど大事であるということを伝えるとともに、防除体系の変更と低コスト資材の拡大を図っています。
 同JAでは、営農経済担当職員が2月1日から管内70ヵ所の会場で行う農家集会を通じ、農業政策やJA粕屋ライス戦略及び稲作ごよみについて詳しく説明します。


完成した稲作ごよみ

この記事に関してご質問などありましたらこちらからお問い合わせください。