JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

小学校でお米づくりの出前授業!

更新日 : 2018.05.14

小学校でお米づくりの出前授業!


JA粕屋は5月9日、学童農園支援の一環として、宇美町立井野小学校の5年生47人を対象にお米づくりの出前授業を行いました。
授業では、営農企画課の小林廣志課長が、JA全中発行の「お米が実った」を参考に、種もみのしくみや苗の育て方、土づくりから田植え、稲刈り、お米が出来るまでを丁寧に説明。園主の世利正規さんも同席し、昔の米づくりと機械化が進んだ現在の米づくりの移り変わりについて話しました。
同校では毎年、お米づくりの体験学習として、種まき。田植え・稲刈りを行っており、小林課長は「お米づくりを体験することで、食べ物の大切さを学んで欲しい」と話しました。


出前授業のゲストティーティーチャーとして説明を行う小林課長(左)と園主の世利さん(右)

この記事のQ&A

この記事へのコメントを書く

この記事に対するご感想、ご質問などをお気軽にお書きください。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)(公開されません)

コメント

※投稿後、このホームページの管理人が承認するまでコメントは公開されません。
承認されるまでは、投稿されたご本人と、ホームページの管理人のみが
このコメントを見ることが出来ます。
※不適切な内容の場合、書き込みを削除させていただく場合があります。ご了承下さい。