JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

シャキシャキレタスのスペアリブ茶漬け

更新日 : 2018.07.20

シャキシャキレタスのスペアリブ茶漬け

おいしく食べて 今日もスタート
今月の朝ご飯

茨城県笠間市にある「キッチン晴人(ハレジン)」オーナーシェフ
永井智一(ながい・ともかず)


シャキシャキレタスのスペアリブ茶漬け

材 料 (1人分)
スペアリブ…1本
レタス…1/8個
ダイコン…皮をむいた1cm厚の輪切りを2個
ダイコンの葉…適量
焼きおにぎり…1個
合わせだし
水…3カップ
コチュジャン…小さじ2
塩…小さじ 1/2
料理酒…大さじ1
ネギの青い部分…1本
ショウガ…1片

作り方
(1)スペアリブは塩(材料外)をして常温で1時間置き、熱湯でさっと湯がく。輪切りのダイコンは面取りしておく。
(2)圧力鍋に(1)と合わせだしの材料を全て入れ、沸騰してから中火で10分煮る。
(3)ダイコンの葉は材料外のごま油、酒、砂糖、しょうゆで炒め、きんぴらにする。
(4)深めの器に焼きおにぎり、スペアリブ、ダイコン、レタスを盛り付け、青ネギとショウガを取り除いた(2)のだし汁を張り、ダイコンの葉のきんぴらを添え出来上がり。



ポイント
前日、夕食用に作ったダイコンとスペアリブの煮物と残ったご飯を焼きおにぎりにすると、合わせだしを作るだけでよく、まろやかな辛味のだしで食も進みます。コチュジャンの量はお好みで。

この記事のQ&A

この記事へのコメントを書く

この記事に対するご感想、ご質問などをお気軽にお書きください。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)(公開されません)

コメント

※投稿後、このホームページの管理人が承認するまでコメントは公開されません。
承認されるまでは、投稿されたご本人と、ホームページの管理人のみが
このコメントを見ることが出来ます。
※不適切な内容の場合、書き込みを削除させていただく場合があります。ご了承下さい。