JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

新規取組み品目「カリフローレ」の目合わせ会

更新日 : 2019.06.05

新規取組み品目「カリフローレ」の目合わせ会

JA粕屋本所でカリフローレ目合わせ会を開き、生産者は出荷規格、出荷準備、収穫時・出荷時の注意点について最終確認を行いました。
新規取組み品目ということもあり生産者達は花蕾を観察しながら最適な収穫時期がいつなのか意見交換しました。
生産者は計13名、作付面積は20㌃で出荷計画数量は2㌧を予定しています。
カリフローレは歯ざわりのよい軸の部分と、ほんのり甘みのある蕾の部分の両方をおいしく味わえるカリフラワーの改良品種で、生でも食べられるが下ごしらえの加熱は湯通しするくらいがおすすめです。




カリフローレの収穫時期を検討する生産者

この記事に関してご質問などありましたらこちらからお問い合わせください。