JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

博多の甘とう最盛!

更新日 : 2019.07.04

博多の甘とう最盛!

5月から出荷が始まった「博多の甘とう」が最盛期を迎えました。管内の生産者は計21名。今年度の出荷量は6㌧を予定しています。
生産者は「今年は大雨や台風がなく成育は順調だ」と話しました。
博多の甘とうは普通のとうがらしと違い辛みがなく、ピーマン程苦くないのが特徴で、子どもでも食べやすいです。
平田晃浩園芸主任は「近年、夏の暑さで生産者が減ってきているが、今が旬の野菜なのでこれからも維持拡大に努めていきたい」と意気込みを語りました。



左から平田園芸主任、渋田ヒロコさんと孫の伊藤水萌(みなも)さん

この記事に関してご質問などありましたらこちらからお問い合わせください。