JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

「博多あまおう」株冷順調

更新日 : 2019.08.22

「博多あまおう」株冷順調

いちご部会は、8月20日から北部プラザで、令和元年度産イチゴ「博多あまおう」の花芽分化を促進するため苗の株冷を始めました。
当JA管内のいちご生産者は27名、作付面積は4.3㌶。生産農家が持ち込んだいちごのポット苗は、夏日の高温を避け、20日前後冷蔵庫に寝かせることによって、低温処理しないものに比べ収穫時期を約1ヵ月早めることができます。


いちご苗を持ち込む生産者

この記事に関してご質問などありましたらこちらからお問い合わせください。