JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

屋内消火栓・消火器操法大会で初期消火技術を競う

更新日 : 2019.10.25

屋内消火栓・消火器操法大会で初期消火技術を競う

10月18日、JA粕屋管内の行政を含む企業・団体が参加し、粕屋南部消防組合中部消防署で「第29回屋内消火栓・消火器操法大会」が行われました。
この大会は火災の迅速かつ適切な通報及び初期消火技術の向上を目的に行われており、当JAからは新入職員が屋内消火栓の部に2チーム、消火器の部に5チームが出場し、練習の成果を披露。
勢門支所亀田拓也渉外担当は「実践的な消火活動をしたことで、1分1秒の大切さが分かった。この経験を活かし、火災が発生した時は迅速に行動したい」と話しました。


屋内消火栓操法を行う新入職員


この記事に関してご質問などありましたらこちらからお問い合わせください。