JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

小麦(チクゴイズミ)収穫

更新日 : 2020.06.16

小麦(チクゴイズミ)収穫

管内で27日から一斉に小麦(チクゴイズミ)の収穫が始まり、ほ場では大型コンバインの音が響き渡りました。5月27日~5月30日の4日間、各地で小麦の刈り取りを行い、生産者はカントリーエレベーターへの搬入作業に追われました。
今年度は雨量が多く根痛みが発生し、「枯れ熟れ」している圃場があったが、品質と収量はともに例年通りです。
当JA管内の麦生産農家は4戸と4農事組合法人で品種は、チクゴイズミ(小麦)。作付面積48㌶で、約175㌧を受け入れました。
収穫した小麦はJAグループ福岡で取り扱う商品に使用されます。


収穫作業に追われる生産者

この記事に関してご質問などありましたらこちらからお問い合わせください。