JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

スイートコーン目合わせ会

更新日 : 2020.07.09

スイートコーン目合わせ会

 JA粕屋は19日北部プラザでスイートコーンの目合わせ会を行いました。
管内の生産者は25名今年度は27㌧の出荷を見込んでいます。
例年は、簡単な資料の配布、口頭での説明を会議室で行っていますが、今年度は密集を避けるため外で実施、生産者には時間帯をずらし集まってもらい、口頭での説明は控え、資料に細かく注意点を掲載しています。
トウモロコシは皮つきのまま出荷を行うため、着粒正常で頭部まで実が入っているもの、害虫による食害や果皮の汚れや先端部への侵入が見受けられる被害果は一つひとつ確認し、出荷をしないことなどを申し合わせました。
今年度は「しあわせコーン」「ゆめのコーン」に加え、初めて「クリスピーホワイト」を出荷する予定。クリスピーホワイトは実が白く小粒ではあるが、糖質が高く皮も柔らかいのが特徴です。今年度も厳しい出荷規格を設け、消費者に高品質なスイートコーンを供給します。

 

 


出荷規格を確認する生産者

この記事に関してご質問などありましたらこちらからお問い合わせください。