JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

宮内秀樹農林水産大臣とJA粕屋役員が意見交換会

更新日 : 2020.11.20

宮内秀樹農林水産大臣とJA粕屋役員が意見交換会

JA粕屋は15日、本所で宮内秀樹農林水産副大臣を招き「農業・農協問題勉強会」と題し意見交換会を開きました。これは、理事の発案で毎月1回開催している勉強会で、今回は宮内農林水産副大臣に講師を依頼、JA粕屋役員20名が参加しました。
宮内農林水産副大臣は、高収益作物次期作交付金が第2回公募終了後、当初の内容から大幅な運用見直しが農水省から通知され、農家から困惑の声があがっていることに関し、「新型コロナウイルス感染症の影響を受けた農家には、同交付金が受けられるよう、予算を確保する」と応えました。
また、規制改革推進会議の状況においては、「現在の農協、地域の状況をふまえ、准組合員数を2分の1以内に抑える必要性がないことを自民党を中心に発信を続けた結果、同会議の論調も変わってきている。今後もしっかり対応していきたい」と話しました。


JA粕屋役員と意見を交わす宮内農林水産副大臣

この記事に関してご質問などありましたらこちらからお問い合わせください。