JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

キウイフルーツ出荷順調

更新日 : 2020.12.18

キウイフルーツ出荷順調

 

JA粕屋キウイフルーツ部会は11月30日から、JA北部プラザ選果場でキウイフルーツ「ヘイワード」の出荷を始めました。

管内のキウイフルーツ生産農家は7人で作付面積は90㌃。

ヘイワードは果肉食がグリーンで酸味と甘みのバランスが良い品種。今年は、9月の台風の影響により品質の低下が心配されたが、やや肥大が鈍ったものの果実内容は良好な仕上がりとなっています。キウイフルーツは気温が上がらない午前中に収穫を行い、一旦冷蔵後に保管され、約7㌧を2月まで新潟に出荷します。


キウイフルーツを選果する作業員

 

この記事に関してご質問などありましたらこちらからお問い合わせください。