JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

JA粕屋産「博多春菊」の安全性について

更新日 : 2020.12.18

JA粕屋産「博多春菊」の安全性について

 

JA粕屋産「博多春菊」の安全性について

 日頃よりJA粕屋をご利用いただき誠にありがとうございます。
JA粕屋では、「博多春菊」をはじめとした農産物につきましては、農薬使用基準を遵守するように指導するとともに出荷前に、農薬使用実績を含む栽培履歴の確認及び抽出検査を確実に実施し、消費者の皆様へ安全な農産物を提供しておりますので、安心してお召し上がり頂けます。
 今後とも「博多春菊」などJA粕屋農産物のご購入をお願い申し上げます。

 
〇農薬の安全使用について
 農産物を生産する上で、病害虫の発生は農家にとって死活問題です。病害虫被害を防ぐ方法として①化学的②生物的③物理的④耕種的防除があります。農薬はその方法の一つです。

 農薬使用目的として、①品質・収量の確保②労働力の軽減③精算率の向上④食品の安全性の確保などがあります。

 安全性については、農薬製造メーカーが安全性を十分に精査し、農薬取締法により登録された農薬のみを、関連法並びに定めれた基準を厳守し使用しています。

 
〇生産履歴記録の記帳(防除日誌)
 農産物を「どこで」「どのように」作っているのかを台帳等に記載しています。

 特に、農薬を使用する場合、使った農薬の名前・使用量・使用時期などを台帳に記録しています。なお、出荷の際に農協への提出を義務づけています。

 
〇出荷前残留農薬検査
 生産者と行政およびJAが協力して自主的に行っており、ルールに基づいた農薬の使用・防除日誌の記帳が適正に行われているか、使用方法に問題がないかを確認しています。

 残留農薬検査については、この他に出荷後に市場での抜き取り調査も行われており、農産物の安全・安心を確保しています。

 

この記事に関してご質問などありましたらこちらからお問い合わせください。