JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

適正使用の一環で不要農薬回収

更新日 : 2021.02.25

適正使用の一環で不要農薬回収

JA粕屋は農薬の使用基準を守り、適正な保管管理に努めようと2月9日、農家手持不要農薬約6.8トン回収しました。

各プラザに150戸の農家が持ち込んだ不要農薬を、事前に提出した農家手持不要農薬処理申込書で確認しながら、JA職員と農薬を扱うメーカー担当者が計量と分別仕分けを行いました。

不要な農薬は産業廃棄物になり、法令に則った処分が必要となります。農家は「処分に困る農薬を回収してもらえて助かる」と話しました。不要農薬の回収は2年に1回実施。回収された農薬は、専門業者によって適正処理されます。


農家手持不要農薬処理申込書で確認しながら仕分けをおこなうJA職員とメーカー担当者

 

この記事に関してご質問などありましたらこちらからお問い合わせください。