JA粕屋びより JA KASUYA BIYORI

ごあいさつ

最終更新日:2021.01.05

ごあいさつ

  2021年を迎え一言あいさつを申し上げます。
昨年より猛威を振るっております、新型コロナウイルスの終息を見ないままに2021年となりました。元日、日本農業新聞のコラムに農業ジャーナリスト・小谷あゆみ氏の興味あふれる提言がありました。
「消費的な都市の暮らしよりも生産的な暮らしが、安全で、健全で、病気から遠く、危険もストレスも少ないことは、もはや世界の共通認識になった。自ら生み出すこと(生産)を最も得意とするのが、農業・農村である。多様な関わり方を提案し、働く人の視点でマッチングすれば、農村は都市の受け皿になれる」というものです。
このコロナ禍のなかで高まりつつある国消国産の機運に対して、幸いにも我がJA粕屋は福岡都市圏に位置し、この提案に対応できる適地でもあります。小谷あゆみ氏は「自給こそ最大の自衛」とも記してあります。新しいライフスタイルを皆様と共に創造する、努力を始めたいと考えております。今後ともよろしくお願い申し上げます。
JA粕屋のHP「粕屋びより」を閲覧いただき、誠にありがとうございます。新鮮で元気な情報を発信してまいりますので、より多くの方の閲覧をお待ちしております。
当JAでは『みどり・ふれあい・しんらい』を合言葉に農業の振興と農業が果たしている役割、自然の大切さを生産者ならびに地域住民の方々とともに共有し、信頼されるJAとして「やっぱりJA粕屋でよかった!」と言っていただけるJAを目指して様々な事業に取り組んでおります。
このHP「粕屋びより」を通じて、全国の皆さまにJA粕屋を知っていただくために、皆さまのお役に立つ情報や営農情報及び当JAの活動情報をさらに充実させ、随時掲載してまいりますので、ご意見・ご要望など是非お聞かせいただければ幸いです。
今後とも皆さまのニーズに応え役職員一丸となって、地域に求められるJAを目指して取り組んでまいりますので、皆さま方のご支援、ご協力のほどお願い申し上げます。


代表理事組合長 今泉 正敏


組合理念


1.JA粕屋は、地域の自然を愛し、農業を培いながら、

みどり豊かな地域文化を育みます。

2.JA粕屋は、多彩な事業展開を通じて地域の人々との

あたたかいふれあいの場を創造します。

3.JA粕屋は、手に手をたずさえ明るくいきいきとした

活動に努め地域の人々の信頼に応えます。

 

中期ビジョン


“やっぱりJA粕屋でよかった!!”
《JA粕屋は、これからも皆さまから「よかった」の声を聞きたい。》


1.「農を中心とした活動」により組合員の心をつなぎ、「よかった」の声を集めます。
2.「地域に根ざした活動」により地域住民の喜びをつくり、「よかった」の声を集めます。3.「やりがいのある職場づくり」により役職員が心をひとつに、「よかった」の声を集めます。