ブログ

無病息災を願いどんど焼き/須恵町の乙植木地区

JA粕屋管内では、小正月の神事として、どんど焼き(ほっけんぎょう)が各地で行われました。

どんど焼きは、藁を詰めた青竹の櫓に火を放ち、お正月に飾った門松やしめ縄のほか、お守りやお札などを一緒に燃やして、お正月に迎えた神様を送る伝統的な行事。

 須恵町の乙植木地区では成人の日の1月10日、地元有志らの主催でどんど焼きが行なわれました。竹の櫓に火が入れられると瞬く間に炎が燃え上り、青竹の爆ぜる音に集まった子どもたちもびっくりした様子でした。どんど焼きに集まった人たちは天高く登る炎に無病息災を願っていました。

天高く上るどんど焼の炎に無病息災を願う

TOP